ひだまりPはこう語った

ちゅんちゅん、ハローラブライブ!「人生をラブライブ!にする」をモットーにあれこれ語ります。

にじよんあにめーしょん2 第4話~第6話感想ーこいつらいっつも果林先輩に醜態晒してんな。

元・”巣食祭(スクフェス)ALLSTARS” 初代部長(アナタチャン)”──
 現・”破壊の十二股道”

 ”高咲侑神”(アニガサキ)殺野飛菜鬼!!!

 


よう 神(オレ)だぜ

 

 ちゅんちゅん、ハローラブライブ!どうもひだまりPです。今回もショートアニメ「にじよん あにめーしょん2」の感想を書いていきたいと思います!

 今回は第4話~最新第6話まで触れていきます。

 

 

 

もくじです。

 

 

#04「栞子と愛と放課後」


狩りのレヴューの時真ん中に日本刀ブッ刺されそう。

 

 狩りのレヴューって何だよ。まぁそれはともかく、いきなりラストシーンですけどこのカットすごく好きですね。あの栞子とて、楽しい時はお友達とハメを外す

 

いかに優れた人間でも、時には我を忘れることもある。

──ウィリアム・シェイクスピア

 

 愛と璃奈の関係性でも同じことが言えるんですけど、愛さんって大人しい子が相手でもすぐ仲良くなれるんですけど、決して愛さんが「合わせてあげてる」わけではなくて、ちゃんと相手のことを理解した上で愛さん自身が純粋に楽しんでいるからこそ、みんなが愛さんに心を開いてくれるんですね。オタクに優しいギャルLv.99じゃん…

 


ちゃんとギャルではある


 いいじゃんいいじゃん。潤滑油ヌルッヌルですよ。栞子も栞子で人との間に壁を作りがちな所があるので、いい意味で遠慮のない愛さんとの組み合わせが光ってますね。

 

 そんなグイグイ来る強引な愛さんに、姉である三船鉄平……もとい、薫子の面影を感じる栞子。一方、先輩である愛さんにも物怖じせず口うるさい栞子に、愛は愛で姉のような存在でもある美里さんの面影を感じたようです。

 これいいよなぁ。これ昔見た二次創作なんですけど音ノ木坂で雪穂と亜里沙がμ's卒業後のアイドル研究部でお互いに自身の姉の姿を重ね合わせるって描写があって、ええやん!って思ったんですけどこれもお互いの尊敬する人に仲間の姿を重ねるってのがすごく素敵ですよね。

 栞子が愛にあっさり説得されてるのも、お姉ちゃんともこんな感じなんだろうなというのが想像できて良いですね。

 

惨劇回避 虹ヶ咲


 あぶねぇ。髪飾りあげてなかったらが生まれてましたね、スクールアイドル同好会を廃部にするためなら手段を選ばない鬼が……


スクスタアーカイブでまーた生き恥晒した醜いカナリアになるなぁ!?


 まま、ええわ。ちなみに栞子は次のお小遣いが入るまで~って言ってますが、栞子の月のお小遣いは3,000円であることがスクスタで明らかになっています。相場は分からないですがお台場の私立校に通う女子高生にしてはちょっと懐が寂しい気もしますね…まぁ足りない分は愛さんに援助して貰って稼いでるんでしょ。それってつまり……

 

アイ活って事!?

 

 

 トゥデイズ チカキンズ ポイント。ドゥルルルルルルルルルルル………

 


96点(ナインティシックス)~!!!

 

\アナターニトードケー/ \エーモーショーン!!/

 

 非の打ち所がないあいしお回でした。グラッチェ。

 

 

 

#05「かすみと果林と作戦」


「監視委員のせいでまともに部活できてないのに部に行った果林先輩よりレベルアップしていてビックリさせちゃおう作戦です♪」

 

 まぁ、それはともかく。ひだまりP前回の記事で第3話のせつ菜がにゃんこのマネをするシーンで、恥ずかしいシーンを果林先輩に見られてるというのがアニガサキ1期2話の歩夢と重なるって書いたんですけどまさにそれを直接パロったシーンが出てきてちょっと赤っ恥でしたね…

 あの時歩夢は「可愛いポーズの練習」を見られたこと自体を恥ずかしがっていましたがかすみんは「努力している姿」を見られることに焦っていたり、あるいはかすみんの「”可愛い”を追求したい」という姿勢が当時のせつ菜とのすれ違いにも今の果林とのやりとりにも現れていたり、本編とリンクさせてよりかすみんのかすみんらしさを表現できているのが非常に芸術的だと思いましたね。

 

👠「これぞ仲間は近くに置け、ライバルはもっと近くに置け!作戦よ♪」
👑「果林先輩、記憶が…?」
👠「何の記憶よ」

 これ名言ですね。仲間と一緒なら成長できる、ライバルとして競い合えばもっと成長できる。「仲間でライバル」という虹ヶ咲の基本理念をアニガサキ第1期から体現してきた果林先輩らしい考え方です。

 あとこれは余談ですが、かすみんはマジで人の靴にコッペパンを突っ込んだことがあります。もう許せるぞオイ!!

 

🍞「笑わせないで。果林ちゃんはね、二人きりのときは私のことを「エママ」って呼ぶんだよ。」
👑「ちぃっ…!先輩たちそういう仲だったんですか!」
🍞「ウソだよ。」

 そうはならんよなぁ!?

 

 「エマ」って呼ぶのはわかる。「ママ」って呼ぶのもわかる。実の母のことをママって呼んでたかもしれねぇからなぁ~~~でも「エママ」ってのはどういう事だァ~~~!?お前「やり」に行ってるじゃねえか超ムカつくぜェ~~~!!!

 

 そうです。寝ぼけてたからって「エママ」は出てこないんですよ。つまりかすみんに可愛い→かっこいいの「ギャップ萌え」を教えていたように、果林先輩自身もかっこいい→可愛いの「ギャップ萌え」を狙ってわざと言ってるんですね。卑しい女だなぁ~~~オイ。かまぼこが何でできてるか知ってるか?知ってるだろ。島育ちなめんな。

 

 確かにこのギャップ萌え狙い果林先輩はちょっとわざとらしさを感じるものがありますが、一方で評価したいのは安易にかすみんをオチ要員に使わず、普段のかわいさに「かっこよさ」を取り入れるというかすみんの企みはちゃんと成功している、ということですね。花田脚本だったらミアあたりに「気持ち悪い」って一蹴されて終了だったぞ。

 かすみんが「かっこいい」を会得していることで、間接的に果林先輩がちゃんとそれを伝授できていることも分かって2人両方の株を上げるエピソードになっている点は非常に良かったですね。

 

 夢への道は、間違えない。もう二度と。

 

 

 トゥデイズ チカキンズ ポイント。ドゥルルルルルルルルルルルル……

 


85点(エイティファイブ)~!!!

 

\イッサイ!/ \ガッサイ!/ \アイシテネー!!/

 

  エママ~のくだりはちょっとダソク感がありましたが、対象的なかすみと果林がお互いの得意な所を取り入れてギャップ萌えをめざしてみたり、果林先輩の仲間思いな面が伝わってきたりと芸術点の高い回でしたね。

 

 

#06「同好会とビクトリーロード その2」

 いま前回のラブライブって言った!!?!?!?(言って)ないです。

 

にじよん | 4コマ漫画バックナンバー | ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会


 ちょっと待って!?ファミ通App4コマネタが入ってるやん!!!どっかで見た巫女さんもゲスト出演させろ。最近はちょぼらうにょぽみ先生がまた虹ヶ咲を描いてくれてたりそれとなく和解できた兆しがちょろっと見えたりしてますね。ちょぼよんもアニメ化して❤

 

 この状態異常かかってるメンバーだけ顔が影になってる演出やばたにえん的で好き。


 しずく、異様に闇落ちが似合いますね。なんでやろなぁ…劇場版?のテイザーでも裏切りそうな影が差してましたね。まぁ、なんでも、いいですけれど。

 

 

トゥデイズ チカキンズ ポイント。ドゥルルルルルルルルルルル………

 

 

81点(エイティワン)~!!!

 

\メーザーメーテーク/ \ツーヨークー!!/

 

 敵に立ち向かうのは勇気がいるが、仲間を裏切るにはもっと大きな勇気が必要だ。その勇気を称えて桜坂しずくに1点加点しました。

 

 

まとめ

 ということで、4~6話までの感想でした。やはりアニガサキ本編の要素が随所に散りばめられたキャラクター同士の関係性の掘り下げがやはり素晴らしく、「にじよん」という一作品としてもアニガサキの保管としても申し分ない出来になっています。

 CDドラマパートみたいな雑さのビクトリーロードもいい箸休めになってますね。

 

 ということで、次回を楽しみに待ちましょう。

 

 それでは、よきラブライブを!

 

 

関連記事

次回のラブライブ!

Coming Soon...

 

にじよんあにめーしょん(第1期)

 

アニガサキ1期

 

アニガサキ2期